知っていますか?車検切れの罰則!

車検切れの罰則についてご存知ですか?一体どんな罰則があるのでしょうか。 - 意外に知らない車検切れの罰則

意外に知らない車検切れの罰則

車検切れ近づいていませんか?
2年(3年)に一度訪れる車検、面倒だと思っている方が大半ではないでしょうか?
時間もかかる上に、金額もけして安いものではありません。忙しくてうっかり車検を切らしてしまう方も少なくはないと思います。
この車検、受けなくても違反違法になることはありませんが、車検の切れた車両で公道を走行すると罰則罰金の対象となります。
仮ナンバーを取得し走行することや、レッカーであればその限りではありませんが、どちらにしても指定の整備工場や陸運局に持ち込む手段としてしか使用できないので私用で公道を走るには車検が必須となります。
車検切れの具体的な罰則に関してですが・・・
ghtrs
無車検走行
6月以下の懲役又は30万円以下の罰金
無保険走行
1年以下の懲役又は50万円以下の罰金
となり、過去に一度も免許停止処分がなくても一発で90日間の免許停止になってしまいます。
免許停止処分は講習を受ければ30日間の短縮は可能ですが、それでも2ヶ月近くの停止処分を受けなければいけません。
二項目の無保険走行に関しては車検と直接は無関係ですが、一般的に車検のある車両に関しては車検と自賠責保険の長さを同一にしていることが多いため車検切れと共に自賠責保険が切れている事が殆どです。
仮ナンバーの取得やレッカー車を呼ぶ手間に加え、一般的な車検の金額が10万〜、どんなに高額でも100万ほどで収まることから期限内に車検を通したほうがいいと言えるでしょう。車の車検が切れてしまったあなた、車検切れ車検なら、格安無料出張引取のクリック車検へお任せ下さい!格安で車検が受けれます。
皆様は車検とは何かをご存知でしょうか?
おそらく大半の方が聞いたことのあるこの言葉ですが、その性質を理解している方は少ないのではないかと私は思います。
簡単に言ってしまうと車検とは、2年(3年)に一度行う義務的な整備のことで、この整備を受けない車両は公道を走れないと日本の法律で定められています。
しかしながらその整備項目は非常に限られたものとなっており、車検を通ったからと言って”完全に安心して走れる車”というわけではありません。
例えばエンジンオイルの交換などは車検の時にすればいいやという方が大半ですが、厳密に言うとエンジンオイルを交換しないぐらいでは車検が通らないなんてことありません。
言わば、車検とは『車を保有する者としての最低限行わなければいけない整備』と言い換える事ができるのでは無いでしょうか?

実際に車検の点検項目は、車種にもよりますが一部の項目を覗いて一般の方でもできないことはない点検が殆どです。
それだけに車検を承る業社の中には利益のみを追求して車検にさえ通ればいいと、消耗品の交換をギリギリまで避ける業社も少なくありません。
車のパーツの中には突然切れて走れなくなるような樹脂系のパーツや、最近の車だと電子制御系のパーツなどが数多く存在し、現在の車検の制度ではそれらを正しく整備できていないと私は感じます。
以上のことを踏まえ安全な運転のために車検業社選びと日々の点検は多くの人が見直すべきであると私は感じます。
安全のために毎月の保険料をあげるのも悪いことではありませんが、車検切れの近い皆様はその前に是非一度車検について見なおしていただければと思います。

Copyright(C)2015知っていますか?車検切れの罰則!All Rights Reserved.